2年連続 志望校全員合格!おめでとう!

夏期講習の締めくくりは中3入試対策!

こんにちは、岡崎です!

7/25(月)から始まった夏期講習が一昨日で終わりました。
約1か月間、みんなよくがんばってくれました。

中学1・2年生は、英語・数学は1学期までの復習を中心に2学期の先取りも、
国語は説明文に絞って読解の練習、そして理科・社会は2学期の先取りをしました。

英語と数学が復習中心なのに対して、理科・社会は先取り中心であるのには理由があります。
それは、教科の特性が違うからです。

英語・数学は積み上げの教科で、1学期(やそれ以前)の内容が分からなければ2学期の内容は理解できません。

ですから、2学期以降の成績を伸ばすためには、まずこれまでに習った内容をしっかり復習することが大切です。

その上で2学期の予習をしていきます。

対して理科・社会は、横並びの教科です。
1学期(やそれ以前)の内容が分からなくても、2学期の内容に大きな影響はありません。

例えば地理をほとんど覚えていなくても、歴史の勉強をする際それほど困ることはありません。(もちろん地理の知識も役には立ちます)

よって、2学期以降の成績を伸ばすためには、先取りが重要となります。
逆に1学期までの復習をしても、夏休み明けテストに影響があるだけで、2学期の定期テストの対策にはなりません。


普通、夏休み明けテスト(実テ)などは通知表にほとんど影響しないため、理科・社会の内申点を上げたければ、先取りの方が重要となります。

塾によっては、「理科の2学期の成績を上げたい」と言っているのに1学期の復習を提案してくるところもあります。
夏期講習の内容が目的に合致しているかどうか、気を付けておきたいところです。


中3生は土日とお盆以外ほぼ毎日21日間、合計100コマ以上の学習を積んでくれました。

最初は3コマ目ぐらいで集中が切れかけていたのが、今では5コマ終わっても平然としています。

やはり人間は習慣の生き物ですね。長時間勉強にも慣れていきます。
中には欠席分の振替が重なって1日8コマやそれ以上勉強している子もいました。

長時間続けて勉強できる力を「勉強の体力」と呼ぶことがありますが、
夏期講習の目的の1つは、この勉強体力をつけることだと考えています。

この夏に付けた体力を活かして、あと半年の受験勉強を乗り切ってほしいと思います。

中3生の夏期講習の内容は、1・2年生とは異なります。
受験に合格するための勉強が最優先であるため、理科・社会も1・2年生の復習が中心となります。

英語では、毎回の授業でリスニング問題1つ、長文読解問題1つに取り組みました。
リスニングや長文読解は、継続的な学習が非常に重要だからです。

滋賀県の入試では、リスニングの配点が33点、長文読解の配点が60点近くもあります。
これらは今後も継続的に取り組んでいきます。

中3生の夏期講習の締めくくりは、入試対策です!

滋賀県の入試問題は、実は全国の中でも平均点が低い(=難しい)ことで有名です。
「問題文が長い」「記述回答が多い」などがその理由で、この傾向に慣れておかないと実力を発揮できません。

9月4日の滋賀Vもしでは形式が滋賀県の入試とそっくりになるため、やはり事前に一度は経験しておきたいのです。

そこで毎年夏期講習の最後に、入試対策を実施しています。

5教科のテストを解いてもらい、すぐに採点し、その後すぐに解説します。
ポイントは、「すぐに採点・すぐに解説」というところです。

子どもたちからすれば、さっき解いたものがすぐ採点されて返ってくると気持ちが高ぶりますし、すぐに復習できるという点で学習効果も高くなります。

一方で、「すぐ採点・すぐ解説」するのは、我々にとって簡単なことではありません。

というのも、滋賀の形式は記述回答が多いため、採点に非常に時間がかかるからです。
経験の浅い講師だと、採点基準が分からないため、そもそも満足な採点をすることも難しいと思います。

この辺り、私は前職で鍛えられたので、何とか短い時間でやることができます。
育ててくれた前職の会社に感謝です!
それでも人数が足りないため、妻(元塾講師)も動員して採点をしました。

こちらは解説の様子です↓

授業では、

・滋賀県の入試の特長
・各教科どの問題から解くべきか
・どの問題を捨てるべきか
・高校ごとの目標点

など滋賀の入試のポイントについて説明した上で、各問題の解説をしました。

入試問題ですから難易度が高く、自分の点数にショックを受けている子もいました。
定期テストと同じような点数感覚だと、そうなるのも無理はありません。

しかし、入試(や模試)においては、定期テストのような点数感覚は捨てなければなりません。
大切なことは、「合格最低点を上回ること」だからです。
※合格最低点=合格者の中での最低点

つまり、合格のために取るべき問題を、確実に正解することが大切なのです。

逆に、全て正解しようとして焦り簡単な問題を落としてしまうことは、最も避けなければいけません。

こういった実戦的な感覚を磨いていくことも今後大切になります。

中3生たちには、今回学んだことを活かして9/4の滋賀Vもしに挑んできて欲しいと思います!

最後に…

個人的な話で恐縮ですが…

5月に生まれた息子は無事に生後100日を迎えることができました。
体重は8kgにせまり、順調すぎる成長ぶりです(笑)。

最近は目が合うと笑うようになり、かわいさが増してきました。
これからも元気にすくすく育って欲しいものです。

2学期も毎日を楽しみながら真剣にがんばっていきたいと思います!

岡崎 一平

>八日市の聖徳中専門学習塾 岡崎塾

八日市の聖徳中専門学習塾 岡崎塾

八日市駅近くの塾。滋賀県東近江市八日市の小学生・中学生の成績アップの学習塾なら「岡崎塾」へ。八日市の塾である岡崎塾の最寄り駅である八日市駅は、近江鉄道の中心駅で近江八幡・彦根・水口などへの乗り継ぎが可能です。八日市の公立中学校は全3校、その内聖徳中の学区には小学校が4校あります。八日市の中学校は勉強と部活の両立に力をいれている学校が多いことが特長です。八日市駅の近くには個別指導塾・集団指導塾などの学習塾が多数存在しており、「京進八日市校」や「明光義塾八日市教室」「フリーステップ八日市教室」「個別指導キャンパス八日市校」など全国展開している大手学習塾から、「学習塾優」のような地域の有名塾などの塾があり、保護者の方の塾へのニーズに応えています。 八日市の塾である岡崎塾は、八日市駅近隣に立地し、塾長の岡崎が満を持して開校した学習塾です。岡崎塾では5科目(算数・数学・英語・国語・理科・社会)に対応しているほか、「聖徳中学校専門」としてきめ細かいサービスを提供。八日市の塾、岡崎塾は、八日市南小学校・八日市北小学校・箕作小学校・布引小学校などの小学校や、聖徳中学校などの生徒さんが通いやすい位置にある学習塾で、中間テスト、期末テストなどのテスト対策や高校受験に向けた受験指導などを実施します。東近江市八日市の保護者の方や生徒さんに人気の学習塾です。岡崎塾の住所は滋賀県東近江市八日市町。周辺にはショッピングプラザアピアや滋賀銀行・京都銀行などがあります。八日市高校の近くにも位置する学習塾です。無料体験受付中!